海外FX・取引口座開設の流れ②

海外FX・取引口座開設の流れ①では、「1.必要事項の入力」と、「2.本人確認書類/住所確認書類のアップロード」を取り上げました。
引き続き②にて、取引口座開設の流れを紹介します。

3.トレードツールをダウンロード⇒インストール

FX口座開設に必要な書類を送付した次の手順は、トレードツールのダウンロードからインストールです。代表的なトレードツールは次の2つです。

MetaTrader

ダウンロードタイプはWindows、アプリはiOSとAndroidに対応しています。
Macユーザーの場合には、「PlayOnMac」(MacでもWindowsソフトが操作できるアプリ)を利用すると良いでしょう。

cTrader

こちらもMetaTraderと同様、パソコンではWindows用(ダウンロードタイプ)、スマホアプリはAndroid版とiOS版が用意されています。

インストール後は取引のシミュレーション

トレードツールが無事インストールされたら、実際のFX取引に備えて、シミュレーションをしておくことをおすすめします。

4.FX取引口座開設完了

FX取引口座開設に必要な情報を送信後、1営業日から2営業日後に、口座開設完了のメール連絡が届きます。
あとは証拠金の入金をすれば、FXトレードの始まりです。

口座への入金方法として、クレジットカードや海外送金が主流ですが、FX取引会社によっては、国内送金やデビットカード、WEBマネーやビットコインなどの仮想通貨が使えるところもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です